安全に乗り降りするために|エレベーターの保守点検をしよう

メンテナンス費用を考える

室内

契約の種類

マンションなどに設置されているエレベーターは、法律によって年1回の定期検査が義務付けられています。定期検査済みのエレベーターには、有効期限が記載された定期検査報告済証が貼ってあり、誰でも確認できます。定期検査以外にも、数ヶ月ごとに保守点検がありますが、こちらは義務ではありません。エレベーターのメンテナンスは業者に依頼しますが、その契約方法には「フルメンテナンス」と「POG」の2種類があります。両者とも、定期検査の費用は含まれていますが、保守点検の費用が異なります。フルメンテナンスの保守点検では、主ワイヤーロープなどの部品交換をしても無料です。POGの保守点検は、オイルやグリース、蛍光灯など数ヶ月ごとの交換が必要な部品のみ無料となり、それ以外は有料となります。そのため、費用はPOGの方が安く済みます。

業者を選ぶ

エレベーターのメンテナンスは、製造したメーカー系列の保守業者か、独立系というエレベーター専門の保守業者に依頼します。メーカー系の方が、料金は高くなりますが、自社のエレベーターを専門に長年メンテナンスしている経験もあり、安心して任せられるというメリットがあります。一方、独立系は、多くの業者による価格競争もあり、料金が安いことが評価され需要も増えています。ただし、様々な業者があり、その選択には注意が必要です。未点検の項目を点検済みとして報告するなどの事例もありますので、安さだけではなく、信頼できる業者に依頼することが大切です。良い業者に依頼できれば、大幅に費用は抑えられますので、見積もりなどを通じて、しっかりと業者をチェックしましょう。

メンテナンス費用の節約

マンション

エレベーターは部分メンテナンスとフルメンテナンスがあります。事故やトラブルを予防するためにも、機能面に関わるメンテナンスは必ず定期的に行ないましょう。ただ、内装や床などは自分で掃除することでメンテナンス代を節約できますし、掃除だけ安い業者に頼むのも効果的です。

Read More..

Associated Link

  • エレベーターメンテナンス費用比較君

    安全に乗るためにも、定期的にエレベーターの保守を進めておくことが大切です。無料で利用が可能なので、多くの人気が寄せられています。

メンテナンスの代金

男の人

法律で義務付けられているエレベーターのメンテナンスは、ルールを破ると50万円以下の罰金を払わなければなりません。メンテナンス代を節約したいなら、人件費削減効果で費用が比較的安い遠隔監視システム導入の業者さんがおすすめです。

Read More..

メンテナンス方法の選び方

部屋

エレベーターのメンテナンス方法はフルメンテナンスとPOGがありますが、利用人数が多いエレベーターはフルメンテナンスの方が向いています。エレベーターの条件によってメンテナンス方法を変えましょう。フルメンテナンスは保守料金が高くつきますが、年度単位で管理やすい点と業者さんにお任せできる点がメリットです。

Read More..