補助金が出る蓄電池を購入~賢くライフライン確保術~

女性

不意の停電にも安心

作業員

災害時にも平時にも活用

2011年に発生した東日本大震災では被災地の各地で停電や断水が発生し、日常生活におけるライフラインの重要性が改めて認識される結果となりました。そんな中、近年になって普及が進んでいるのが蓄電池です。蓄電池とは家庭やオフィスにおいて電気を一時的に蓄え、非常時等に使用する電池のことです。家電製品などに組み込まれているバッテリーと同様、充電することで繰り返し利用が可能です。国や地方自治体も積極的に普及を推進しており、補助金制度も存在します。蓄電池の設置は上に述べたとおり防災対策の一環という側面が強いものですが、同時に節電グッズとしても人気があります。割安な深夜電力を使って充電を行い、その電力を日中に消費することで月々の電気料金を節約することが可能になります。

最高100万円の補助も

蓄電池のサイズは、家庭用のものであれば1kwh台から5kwhぐらいまでの容量のものが中心で、オフィス用になると10kwhを超えるものもあります。ちなみに5kwhだと一般的な家庭における3日分程度の使用電力をまかなうことができます。現在主流となっている蓄電池はリチウムイオン型と呼ばれるタイプで、これを設置する場合は前述のとおり国から補助金が支給されます。補助金の額は100万円を限度として、実際の購入金額と機器のタイプごとに定められた目標金額の差額の3分の2以内です(平成26年度における個人の例)。年度ごとに予算枠が決められているので、利用希望者は早めの申請が推奨されます。また、地方自治体の中にも独自の補助金制度を設けているところがあります。

周辺との調和が重要

屋根

京都は歴史的な建造物が多いので屋根工事を行う場合には周辺との調和を図る必要があります。行政サイドで規制を設けていない場合でも近隣の理解を得ておくことが重要です。屋根は定期的に点検すると耐用年数を延ばすことが出来ます。作業に当たっては安全に配慮しなければなりません。

工事業者の選び方

工事現場

名古屋市周辺で住まなくなった家の解体工事を検討しているのであれば、いくつかの業者に見積もりを依頼するようにしましょう。また、実際に依頼する前には、許可を得ている業者なのか、廃棄物の処分方法はしっかりとしているのかなどを確認することも大切です。

機能を高める

ペンキ

全国的に住宅リフォームの人気が高まっています。奈良県でも住宅リフォーム人気が高く、エクステリア関係のリフォームも需要が高くなっています。とくに外壁塗装は、外の過酷な気候条件から家を守ってくれますので、重宝されています。